前へ
次へ

医療の費用というのは点数で決まる

医療費の明細などを見た時に診療報酬というものが明細に書かれていることがあるわけですのでこれは簡単に言いますと医療保険から病院などに支払われる治療費のことであり、1点10円になっています。
医療行為に関して全て点数が決められておりそれによって値段が決まっているということになるわけです。
健康保険が使えるものに関してはこれがすべて決まっていますから、何処の病院にいっても同じ、ということになります。
このあたりは素晴らしい制度であるといえるでしょう。
ただし人によって負担の割合というのが違うわけですから値段が多少人によって変わるというのは仕方ないことになると言えるわけです。
また自由診療というのがあるわけですが、これは自由に料金を決めてよいということになりますから、それが物凄く高くなったりすることもあります。
例えば歯科矯正などは自由診療になります。
保険が適用されないことになりますから、かなりお金がかかることになります。

Page Top